彼と猫とわたし

“意に反して”猫額ほどの行動範囲の日常を書いています。

カテゴリ: これ好き

auのCMで、桐谷健太扮する浦島太郎が、
三線を弾きながら歌ってる、「海の声」

渋い、渋いじゃないかぁぁぁ~~~とauのHPに駆け付けたら、
今、聴き放題キャンペーンをやっていて、
期間限定でフルバージョンが聴けるって!
早速LISMOのアプリをインストールして、浦ちゃんの唄をダウンロードしました。

ようつべにフルバージョンも上がってるけど、
動く浦ちゃんを見てもらいたいので、au公式チャンネルの動画貼っときます。





乙ちゃーーーーん!!!!!!

あんな風に叫んで欲しいな・・・・と妄想するアラフィフ(・∀・)



浦ちゃんの声に惚れてもうた。




はい、ネットでは20代に間違われる私ですが、
口ずさむ唄は『宵待ち草』です。

他には、『アカシアの雨』とか『喝采』とか。



今夜は断然、『宵待ち草』

待てど暮らせど来ぬ人を
宵待ち草のやるせなさ




Balmain2015-16秋冬で使われた曲。





こちらは、Victoria's Secret Fashion Show 2013で、
Taylor Swiftと。




今日は午後から「マイウェイ」の聴き比べからの
「ジプシーキングス」漬けに。


昼食の準備してたら、鼻歌で「マイウェイ」歌ってた。

すべては、こころの、きめええた まあ~~~~~まに~~~


日本語だけど、本人はジプシーキングスのマイウェイを歌ってた(どんなんw)

で、それからようつべで『マイウェイ』聴き比べですよ。


その前に、高校生の頃通ってたクラブっぽいディスコ。
(はい、また昔話!)
パンクやロッカーズ、当時流行ってたニューウェーブ(マヌカンっぽい人達)が
夜な夜な集まるところで、セックスピストルズのシドが歌う『マイウェイ』が
よくかかってた。

これかかると(パンクやロッカーズが飛び跳ねるから)危なくて、
遠巻きに見てたw

修学旅行に行きたくなくて、前の晩もそのディスコ行ったら、
当時好きだったHくんも来てて、修学旅行行かないって言ったら、

「なんだ、つまらんな」

なんて言うもんだから、
翌日朝急いで準備して、タクシーで学校行ったっけ。

遅刻した私に先生が、
「なんだ、休むつもりだったんだろ」とバレバレ。

はい、当時今彼と付き合ってた私。
気が多いっつーの!w

と、「マイウェイ」から話がどんだけずれるんっすか。



元に戻します・・・・・・

聴き比べてみたマイウェイ

フランク・シナトラ
シド・ヴィシャス
ジプシーキングス
ポール・アンカ
セリーヌ・ディオン

布施明
玉置浩二
平井堅
美空ひばり
藤圭子


涙目になったのは、元祖フランク・シナトラと、
ジプシーキングスだ。

なんで涙ぐんでるって、今週不安症状きっつかったきつかった。
今日はちょっといいんで、そんな時に聴いたからだろうな~

そんな感動いらんから、不安症状なくなれ。

あ、それと、訳詞≠日本語の歌詞なのね。


さて、では最後になっちゃったけど、
一番心揺さぶられる、ジプシーキングスの「マイウェイ」貼っときましょう。





ジンは心を酔わせるの.jpg



「傷心と空虚のどちらかを選ばなくてはならないとしたらどちらを選ぶ?」



森瑤子の作品の中で、何度か出てくるセリフだ。

傷心は妥協の産物だ。全てでなければ何もいらない、だから空虚を選ぶ」

と言ったのは、森瑤子の作品の登場人物だと記憶していたのだが、
どうも、ゴダールの映画「勝手にしやがれ」のセリフを引用したもの。


正確には、、、、
「傷心はバカげてる。虚無を選ぶね。傷心は一つの妥協だ。全てか無かだ。今それが判った」

それを森瑤子が作品の中で使っていたってことか。


森瑤子の作品の中では、女は空虚を選んでいる。
「空虚はなにもないこと。そんなのぞっとしない?
自分の中が空っぽになってしまうくらいなら、どんなに辛くても私は傷心を選ぶ」



私が森瑤子の作品を初めて読んだのは確か19の時。
(しっかし19にはいろんなことが有り過ぎた・・・というより波乱の幕開け・・・)

地元の駅前のスーパーの前に古本が並んでいて、
ふと手にしたのがデビュー作の「情事」


そこからだはまったのは。森瑤子の作品は全て読んでいる。

感化されというより、当時の私にピッタリ重なった。
森瑤子の作品が。


全てでなければ何もいらない------

そう、私も「空虚」を選んだ。

選んだのに煩悩は消せず、というよりすでにその時傷付いてたからこその選択だったと思う。

全てがほしい。全てを頂戴と全てを望んだが、
貰えることはなく、文字通り心身共に傷だらけになっていく。



傷も残らないような愛し方なんてしない。

だから、その道以外はなかったと思っている。



「傷心と空虚のどちらかを選ばなくてはならないとしたらどちらを選ぶ?」

今訊ねられたなら、私はどちらを選ぶのだろう。


このページのトップヘ