彼と猫とわたし

“意に反して”猫額ほどの行動範囲の日常を書いています。

カテゴリ: 病気関連

先週土曜日には1ヵ月ぶりのモーニングへ。

昨日は部屋の掃除。
布団干しもしてくたばったけど、倦怠感は出ず。

今日は買い物へ。

IMG_8659

無印であれこれ買ってきましたよ。

コスメを整理する入れ物。
泡立てボール。
洗顔の時に使うタオルのヘアバンド。

今のところ疲れているけど倦怠感出ず。

でもビクビク。明日起きてまたひどい倦怠感が出てたらどうしよう~って。

あまり調子に乗らずにほどほどにしないと・・・・

それにしても昨日から夜早くに眠くて仕方がない。
やはり疲れてるんだろうな~

明日はまた用事で出かけないといけないし
早めに寝るとします。

という日記。

もう午前中あれこれ動くともう頭が思考停止して
文章書けない( ;∀;)


でもいいのだ、少しづつ少しづつ回復すれば。

おやすみなさい。


少し前から倦怠感が減り、体調も少し良くなってきました。

まだまだ疲れと少し倦怠感があり、長時間動くことは出来ませんが、
一時のあの高熱が出てるかのような倦怠感はなくなりました。

もう少し回復出来るといいな~


それで、お知らせ。

開設早々ですが、慢性疲労症候群のブログを引っ越しました。

新しいブログはこちら

ご訪問お待ちしています~(って楽しいブログではないが・・)


超絶体がだるい病気になっちゃった

11月29日、慢性疲労症候群の専門医の診察を受けてきました。

結論を先に言うと、今のところ


特発性慢性疲労(とくはつせいまんせいひろう)

でした。慢性疲労症候群には日数が足りないとのこと。

発症の原因は10年ちょっと前に罹患したマイコプラズマ肺炎。
治った後2週間して、微熱と倦怠感が2週間続いた。

寝ても取れない強い倦怠感が始めて出たのがその時。

免疫系がやられて脳に広範囲の炎症が起きると
少しの活動でそれにそぐわない疲労を感じるようになる。

脳の炎症は健康の人でも起きるけど、それは自然に治る。
でも無理をしていたりストレスが続くと、自然治癒しなくなり
細胞がダメージを受けるんだって。

だから治らない。

早期治療すると完治する人もいるようだけど、少ないみたいだ。

私はというと、もう10年ちょっと前に罹患しているから、完治は無理だと言われた。


ともかく、あちらに診察した記事を書きましたので、
良かったら読んでください。


慢性疲労症候群(CFS)の疑いで専門医受診

あれからも倦怠感から解放されず、
慢性疲労症候群のブログ立ち上げてしまいました。

実は違ってた、とか、そうだとしてもすぐに回復して
すぐに更新が止まるのが理想。

でもその可能性は低そうです。

ブログタイトルは今後変更予定。
情報が集まるように、ブログ村にも登録しました。


慢性疲労症候群かも!情報収集はじめました

今日は予約外で総合診療科。

受付を済ませて待合室で待つこと1時間くらいした時、
目の前がわ~~っと動き出して、またまためまいで、
座ってたから倒れないけど、怖くて床にしゃがんで助けを求めた。

すると、あっと言う間に救急のスタッフの人が沢山と
車椅子がやってきて、救急に運ばれ、これまたあっと言う間に体にいろいろつけられた。

(この科は救急部と同じところにある)

ベッドに移った後1度ふわーっとして「怖い!!」と叫んだが、
その後落ち着いて、なぜか診察室へ移って診察。


白血病じゃないか、甲状腺じゃないか、慢性疲労症候群じゃないかと
昨日不安に思ってたことを訴える。

「じゃあ血液検査する?」

「します!」


点滴もしてほしいという。

「じゃあ、血液検査の結果が出るまで点滴していますか。
僕はしないですけどね、(効果のない)メイロンなんて点滴するの悪だと思ってるから。」

と言われる。

メイロン、アデホスコーワは、以前にも毒にも薬にもならない薬だと言われたから。


慢性疲労症候群については、

「あれは病気じゃないから」

と真っ向否定。


うん、病気じゃなくて症候群だけど、それじゃないか不安なんだけど・・・・・

結局疲労からだと言われる。
そもそもその疲労も不安からでしょ、と。だから安定剤を飲んだ方がいいとまた言われた。

この件についてはまた別の時にでも。


どちらにしても血液検査で異常がないことを確認するのが先なので、
それについてはその後でもいいから黙った。

それに、昨日より倦怠感が減ってたから!

掴まらなくても歩けたし、背中の鉄板が鉄アレイに減ってたし。



点滴すること約1時間。主治医が結果のプリントを持って現れた。

「どこも異常ないから」


私が依頼した甲状腺もフェリチンも異常なし。

一般的な項目も異常なし。血液の病気でもないし、炎症反応もない。

「しっかり休んでください!」


一気に嬉しくなった私は、倦怠感がほとんどなくなっていたので
(疲労感はあるが)嬉しくなって、自分で初めて車椅子を運転して面白がったりしながら帰宅した。

IMG_8496


が・・・ その前に病院の近く(100メーター道路)の銀杏並木。


IMG_8494

こちらは病院から撮った紅葉。

IMG_8497

「きれーー!!」と興奮。

IMG_8500

が、夜になってまた倦怠感が。

昨日のようなひどさはないけど、倦怠感ってほんと不安になる。
疲労感はいいんだけど、倦怠感ってなんだよ、ほんといや。

明日今日よりよくなっていますように。

夜になってまた「慢性疲労症候群」でぐぐりまくったことが
無駄で終わりますように。







このページのトップヘ