今夜は寺山修二の「寺山修二少女詩集」を引っ張りだしてきて、
みゆき(中島みゆき)を聴きながら読んだ。


私が一番好きな詩。



うそつきな女がいました

うそつきな男に恋をしました

空にかかったうそのお月さま

かわすことばもうそばかり

うそでかざった城に住み

うそのしぐさで愛しあい

くたびれきってわかれました



「寺山修二少女詩集」ぼくの作ったマザーグースより