彼と猫とわたし

“意に反して”猫額ほどの行動範囲の日常を書いています。

病院送りになった翌日から大変だった。


まず翌日の日曜日、雨降ってた日。

全身の痛み。
頭痛、首こり、肩こり、臀部痛、腿とふくらはぎ中心とした脚の筋肉痛。

異常な頭の締め付け、それに伴う浮遊感(毎日の症状のひどいやつ)

寒気

ひどい倦怠感


一体何事かと。
熱のない風邪みたいな症状と、生理前のだるさと
ここのところの疲労と、同時に出た?と思うような。

+低気圧による不調(気象病持ちなので)

1日中寝て耐えるしかなく。

でもオークションの発送があり、郵便局へは無理と判断して、
近所のポストまで、文字通り体を引きずって投函しに。


その翌日の月曜日、頭痛と足の筋肉痛が減った。
このまま治っていくと思いきや・・・・


翌々日、火曜日。
頭痛と筋肉痛は無くなったが、ひどい倦怠感。
そんな中ネット通販で買ったパジャマが大きくて
交換するのに、届いた方のパジャマを宅急便で送るのにコンビニへ。
帰ってからずっと横になってた。


これまた、翌翌々日の水曜日、昨日ですね。
前日よりひどい倦怠感で、座ってるのさえしんどい。
食事とトイレ以外ずっと寝ていた。


なぜにこんなに回復が遅い?
いくら疲れきっていたとは言え。

で、余計な不安が出てくるのだよ。


「慢性疲労症候群に罹ってしまってたら、どうしよー!!!!!
このままだったらどうしようー!!!!」


相方に2日続けて不安を訴える。
いつも返事は、「ゆっくり寝てなさい」


んで、今日。

眠気と頭がぼーっとしているけど、昨日よりは倦怠感が減っている。
猫の散歩にも行けたし、お昼にラーメン作れたし。

やっぱり相方の言う通り、時間はかかっても回復してくるんだよね。


そうLINEしたら、
「そうだよ、ゆっくり休んで様子見ないと~」

相方が調子悪い時でも、せっつくように様子訊いちゃうもんな~
少しの回復材料見つけて安心したいじゃない。

それにあの翌日の症状は異様だもん。


ああ、早く回復して、相方と昼間の花見に行きたい。
今度か、次の日曜日に仕事休み取れそうなのに。

案の定やらかした。


ここずっと寝るのが2時過ぎだったのが祟って、今朝いつものめまい(良性発作性頭位めまい症)
寝ていて左を向こうとすると、ふわ~っと。
このまま向ききったら、ぐる~だろうとわかるので向かずに起きて支度。

タクシー呼んで、救急で点滴受けに。

IMG_6230

相方に叱られてしまった。
「早く寝なさいよ」とずっと言われていたから。

あーー、寝るの嫌い、寝るの苦手。

ふわふわしてるから寝てるの嫌い。
こうやって頭の向き替えるとふわ~っと来ることあるから、寝るの嫌い。

疲れも寝不足も、そっちに出なけりゃいいのに。
一生無理が出来ないのか (´・ω・`)





信じられるか、信じられないか、って結局のところ、
自分を信じられるか、信じられないか、ってことじゃない?


その人(事)を信じる、あるいは信じない、
と決めた自分を信じられるか、信じられないかの。



このページのトップヘ