彼と猫とわたし

“意に反して”猫額ほどの行動範囲の日常を書いています。

今日は予約外で総合診療科。

受付を済ませて待合室で待つこと1時間くらいした時、
目の前がわ~~っと動き出して、またまためまいで、
座ってたから倒れないけど、怖くて床にしゃがんで助けを求めた。

すると、あっと言う間に救急のスタッフの人が沢山と
車椅子がやってきて、救急に運ばれ、これまたあっと言う間に体にいろいろつけられた。

(この科は救急科と同じところにある)

ベッドに移った後1度ふわーっとして「怖い!!」と叫んだが、
その後落ち着いて、なぜか診察室へ移って診察。


白血病じゃないか、甲状腺じゃないか、慢性疲労症候群じゃないかと
昨日不安に思ってたことを訴える。

「じゃあ血液検査する?」

「します!」


点滴もしてほしいという。

「じゃあ、血液検査の結果が出るまで点滴していますか。
僕はしないですけどね、(効果のない)メイロンなんて点滴するの悪だと思ってるから。」

と言われる。

メイロン、アデホスコーワは、以前にも毒にも薬にもならない薬だと言われたから。


慢性疲労症候群については、

「あれは病気じゃないから」

と真っ向否定。


うん、病気じゃなくて症候群だけど、それじゃないか不安なんだけど・・・・・

結局疲労からだと言われる。
そもそもその疲労も不安からでしょ、と。だから安定剤を飲んだ方がいいとまた言われた。

この件についてはまた別の時にでも。


どちらにしても血液検査で異常がないことを確認するのが先なので、
それについてはその後でもいいから黙った。

それに、昨日より倦怠感が減ってたから!

掴まらなくても歩けたし、背中の鉄板が鉄アレイに減ってたし。



点滴すること約1時間。主治医が結果のプリントを持って現れた。

「どこも異常ないから」


私が依頼した甲状腺もフェリチンも異常なし。

一般的な項目も異常なし。血液の病気でもないし、炎症反応もない。

「しっかり休んでください!」


一気に嬉しくなった私は、倦怠感がほとんどなくなっていたので
(疲労感はあるが)嬉しくなって、自分で初めて車椅子を運転して面白がったりしながら帰宅した。

IMG_8496


が・・・ その前に病院の近く(100メーター道路)の銀杏並木。


IMG_8494

こちらは病院から撮った紅葉。

IMG_8497

「きれーー!!」と興奮。

IMG_8500

が、夜になってまた倦怠感が。

昨日のようなひどさはないけど、倦怠感ってほんと不安になる。
疲労感はいいんだけど、倦怠感ってなんだよ、ほんといや。

明日今日よりよくなっていますように。

夜になってまた「慢性疲労症候群」でぐぐりまくったことが
無駄で終わりますように。







こんな事ばかり書きたくたくはないが、
今過去記事を読んで、MEMOしておくと後からわかりやすくていいなと思ったので
書いておく。ここ1週間の私がバレバレ。


13日(月)
ひどい倦怠感。ちょうど総合診療科の日だったので話すと
疲れからでしょうと言われる。病院から帰宅した頃から
少し良くなっていて、翌日14日は調剤薬局へ薬を取りに行ってきた。

15日(水)
ツムラ24番加味逍遙散から変更となった、
23番当帰芍薬散を服用。1日3包。
37番半夏白朮天麻湯はいつも通り。朝晩1包づつ。

16日(木)
カンジダが治ってないと思い、予約を入れた婦人科受診。
この日はかなり疲れが取れていて不思議だった。
23番が効いた?まさか1日で、と思った。
でも夜ちょっと疲れていた。

17日(金)
クリーニングを取りに行くのとオークションの発送に出かける。
その前にモーニング。
喫茶店を出たところでしんどくなってきて発送だけして帰宅。

18日(土)
朝起きるとひどい倦怠感。調剤薬局へ相談。
漢方薬のめいげん反応だと思うから、23番を2包に減らしてと言われる。
それでも不安になり、とあるサイトへ相談する。23番を2包、37番を3包にしてみてと言われる。
37番を3包に増やすことは怖いので、23番だけ2包に減らす。
この日は気圧が低いのでそれも影響しているようで、
夜少し楽になった。

19日(日)
朝はやっぱりひどい倦怠感。午後から少し楽になる。

20日(月)
乳腺外科の日だったからとても行けず、家の人に処方箋を取りに行ってもらい、
夕方調剤薬局へ取りに行って相談。
なかなか体が慣れないね、23番は1包にしてみてと言われる。
帰宅後しばらくして、どんどん倦怠感が増してきてギブアップ。
調剤薬局へ、もう続けれない、水曜日に受診するから、
それまで24番に戻した方がいいのか、37番だけにしとけばいいか聞く。
37番だけでいいというので、そうする。

21日(火)
昨日総合診療科に次回主治医がいつ出てきているか問い合わせていて、
水曜は外来はないが出てきているから診られるというので、
今日お願いの電話をした。
今日は朝からずっとひどい。夕方動けるようになったので猫の散歩に行ったら
また疲れた。ほぼ1日ひどい倦怠感。


私、、、どこか悪いんだろうか?

もう、慢性疲労症候群を疑っている。
今年になって倦怠感で寝込むこと4回目。

おかしくない?

今回が一番ひどい。
相方曰く、少し良くなると動くからじゃない?というけど、
慢性疲労症候群がまさしくそれ。
最低限の日常生活で動いた後倦怠感が出る。

幸い罹ってる総合診療科が慢性疲労症候群の研究をしている。
第一人者の教授は3月で退職してしまったけど、
研究は続けているだろうから。明日話してみる。
以前話した時は違うと言われたけど。


そうそう、忘れず採血して貰おう。

まさかのはkk・・。。
やめようやめよう落ちるだけだ。


最後にもう一つ。
昔は疲れると微熱と倦怠感が2週間続いた。
あれくらいからすでに罹患してたのだろうか?

原因不明と言われるが、マイコプラズマ説があるらしい、この病気。
最初に2週間続いた時は、マイコプラズマに罹った2週間後だった。
熱が長期続くと、脳のサーモスタットの調節がうまくいかず、
そうやって微熱が続くことがある、と、今罹ってる総合診療科で当時言われた。


ああ・・・・・すべて取り越し苦労で終わりますように!
ただの疲労蓄積によるものであって!




私が苦手なもの、『様子見』


倦怠感がひどいことから6年飲み続けてきた漢方薬が
変更になった。

飲む前から不安だったが、なかなか効果が出ず、
「副作用では?」と心配になり調剤薬局へ問い合わせ。

減らして様子見となった。

ネット上に漢方薬の相談が出来るところを見つけ相談。
そこでもやっぱり様子見。(他にいろいろ聞けたが・・)


様子見.....................


私が苦手な様子見。

だって良くなる保証はないでしょ?

どうして良くなると信じて寝ていられよう。


相方にいつも「ゆっくり寝ていなさい」とか、「様子見しなさい」
って言われるけど、「はい」と返事だけ。

このままだったらどうしよう・・・と不安しかない。
苦手だよ、様子見。


ちなみに今朝も起きたら、ひどい倦怠感。
息も絶え絶え朝食食べて横になる。
でも出来たら今日済ませたい用事があった。
2時間ほど横になってたら、少し回復したので出かけた。
それからはまた横になってたけど、、、、

明日の朝もまた絶望しかけるんだろうか?

はい、私の悪いくせ。すぐに絶望しかける。

でも今週主治医の外来はないし、
しばらく様子見しなくちゃいけない。

少しづつでいいから回復傾向にあれば安心出来るのに。
あれ?昨日よりはましだったんだろうか。

あ!思い出した!相方につい数日前言われた。

「“余計なこと考えず”に寝てなさい」って!

わあ、それも難しいよ~・・・・

このページのトップヘ